ドラゴンフルーツの花 Photos

苗は植えたものの大きくなるのに3年くらいかかります。2019年の6月から10月の時期の満月の夜に、いっせいに咲く白い花、しかも夜の9時から朝方まででしぼんでしまうのです。月下美人ですね。100近い花が一斉に咲くとそれはそれは、綺麗です。せめてもう少し朝顔のように、長い時間咲いて欲しいです。一斉に咲いた夜の10時頃は、筆で花粉付けをしています。そのため、Ledの街灯を10個ハウスの中に設置しました。自分で手作りのため、ハウス屋や電気屋にもなりました。

上の写真は、花が咲いたら、随時差し替えていきます。

6月30日(金)第1回目の花が咲きました。

旅行に行く前なので、夜に花粉を付けるのを忘れていました。受粉をしていない花は、枯れて落ちてしまいました。残念です。その後、2~3個の花が咲き、小さい緑の実がなっています。

2018年5月23日(水)伸びていた先端をハサミで切り、横に太らせる。

やっと1年と2か月が過ぎた。幹を太くしないと花も実もならないので、先端を切っていった。どうにか秋の終わりには、花が咲くようにしたい。

2018年6月17日から7月17日までに300個の花が咲いた。

2017年の3月に植えた苗が、3m程になりました。あと1m下に垂らし床につく前に、先端を切り成長を止めます。止めることで、花が咲き実ができるはず。2018年は、2000個の実がなりました。でも、半分くらいしか売れませんでした。珍しいだけでは売れません、残念でした。2019年は、買ってもらえるドラゴンフルーツを作ることが課題です。糖度15~18を目指して研究する予定です。また、スリップス対策の難しさが分かりました。日々研究に励んでいかなければならないようです。私のこだわりは、農薬を一度も使わないことです。

2018年7月20日(金)苗を植えて1年5か月になる。夜に、たくさんの花が咲き、早朝には、どこから来たのか花の匂いを追ってたくさんの蜜蜂がきている。

ラジオを聴いていたら、ハウスの隅に蜂の巣があり、体を触れてしまった。ラジオの音で、蜂の羽音に気付かず、総攻撃を受けてしまった。しかも、黒い下着を着ていたので何か所も刺されてしまった。痛々しい一日となりました。可哀そうな私。夏場は、ラジオを消しておこう。反省!